カードローンを返せなくなったら踏み倒しできる?

長引く不況で、正社員の立場を失ってしまったという方もいらっしゃるでしょう。正社員だったときにカードローンの契約をし、借り入れを利用していた方の中には無職となってしまってもそのまま返すあてのない借り入れを続けている、という方もいるのです。

返すあてのない借り入れを、そのまま踏み倒しをしてしまおうと考えてしまう人もなかにはいます。延滞をしただけで、個人信用情報に登録されてしまい、いわゆるブラックの扱いを受けるのだから他での借り入れはできないことにかわりはないと考えてそのままにしておこう、と考える人もいるようです。

しかし信用情報にしても、踏み倒しをしてそのままにしているケースと延滞はしても利息を払いさらに遅延損害金もきちんと払ったというケースではまったく違った状態と受け取られるでしょう。

返済できない場合はそのまま放置するのではなく、一刻も早く弁護士や司法書士に相談するべきです。ローン会社などはお金を貸すことに関してプロなわけです。つまりいかに自社が貸し付けした金額を元金利息をあわせてきちんと回収するかにかけては、ノウハウを持っているのです。そこに一個人が太刀打ちしようとしても解決は難しいことは明らかです。

プロにはプロでと考え、金融などを専門に取り扱っている弁護士や司法書士に任せるようにしたほうがよいでしょう。自己破産といった方法だけでなく債務整理にも様々な方法があります。自分のケースではどれが適しているのか、といったアドバイスも受けることができます。カードローン ランキング